【Python】Google Colaboratoryを使ってみた

google-logo

さてさて、今日はある事情から、Google Colaboratoryを使いましたので、簡単な使い方をまとめたいと思います。

以下の説明の前提として・・・

Googleのアカウントを作って置いてください!

アカウントを作るだけでPythonを試すことができます。

それではいってみましょう!

Google Colaboratoryのサイトに入る

こちらのサイトにアクセスしてください。
https://colab.research.google.com

すでにGoogleにログインしているのであれば次のような画面がでます。

Google Colaboratoryの初期表示

ここには書いていませんが、クッキーを使用していますのでクッキーへのアクセスを許可する必要がありますのでご注意ください。

ノートブックを作る

実行環境の環境としてPython2とPython3が選べます。

今回はPython3として作りたいのでPython3のノートブックを作ります。

「ファイル」のリボンタブを押すと新しいノートブックが作れる

ノートブックを作成すると,ブラウザで新しいタブで次のような画面が出てくるはずです。

ノートブックの画面

Pythonを実行する

さてさて、せっかく作ったノートブックです。Pythonを実行してみましょう。

それではみんな大好きなHello Worldをもじって、Hello Googleと表示しましょう。

以下の手順でやってください!

  1. ファイル名を変更しましょう。ファイル名はHello_Googleとします。
  2. コードを打ち込みましょう。print(“Hello_Google”)と打ってください。

さて、コードの実行は左にある黒丸の実行ボタンです。コードを書いたら押してみましょう!

コード実行後、その下に結果が現れる!

実行するとコードの真下にその結果が現れます。

実行し終えたら、「ファイル」のリボンタブから「保存」を選択してください。

ファイルの場所

実行できることは確認しました。後はそのファイルの保存場所がどこか確認しましょう。

結論から言うとGoogle Driveにあります。

ファイルのリボンタグから、ドライブで探すを選択してください。

ドライブで探すを選択

ドライブの画面で先ほど実行したファイルがあることが確認できます。

さっきのファイルが保存されている

実はこのファイル、新しくノートブックを作成したタイミングですでに作成されています。

Colab Notebooksというディレクトリもそのタイミングで作られています。

Tips・注意点

ファイルとして保存したくない時

ちょっとだけ、コードを試したい時ってあると思います。そんな時もファイルを生成してしまうので、邪魔ですよね。

最初に表示されるColaboratoryへようこそって画面でコードを入力できるので、それで大抵は大丈夫だと思います。

または、すでに存在するノートブックに対してプレイグラウンドで実行すると、コードを保存することなく実行できます。

実行されたコードはリセットされるまで実行されたまま

これ。知らなかったのであせりました。

一度インポート文を書いて実行すれば、閉じるまで実行されたままになります。

もしリセットしたい場合は「ランタイム」のリボンタブから、「ランタイムの再起動」を選んでください。まっさらな状態になりますよ。

ちなみに、「すべてのランタイムをリセット」は、Colaboratoryが実行されている仮想環境をリセットしています。ですのですべてのノートブックがまっさらになる他、インストールしたパッケージなども消えます。

まとめ

初めてPythonに触りたい!って人にはいちいちインストールしないでお試しでできるので是非やってみてください。

結構楽なのでちょっとだけ確認したいって時には便利だなぁと思いました。

ファイルが全てグーグルドライブに保存されるのが、めんどくさいポイントだと思います。

ただ、結構高機能なようで機械学習にも対応しているみたいです。やっていませんけど。。

また、何かわかったら記事にしてまとめていきたいと思います。

今回は以上になります。

みなさんのPythonライフがよりよくなるように祈っています!