WordPressのindex.phpのコード

wordpress_logo

WordPressでは一番初めの処理としてindex.phpが実行されます。

今回はこのindex.phpについて簡単に確認します。

非常に簡単なので以下にソースコードを示します。

GitHubにあるWordPressのコードはここです。

それぞれの処理をみていきます。

WP_USE_THEMESの定義

define( 'WP_USE_THEMES', true );

定数として WP_USE_THEMESをtrueと定義しています。

template-loader.phpでテーマを読み込むかどうかを判定するのに使います。

wp-blog-header.phpのロード

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

dirname(__FILE__)はindex.phpファイルの格納されているディレクトリを絶対パスで返します。

なので、dirname(__FILE__).'/wp-blog-header.php'はindex.phpの格納されているディレクトリにあるwp-blog-header.phpファイルへの絶対パスを返します。

require関数はパスを引数にとりファイルを読み込む処理になります。

まとめ

ちなみに英語もざっくりと翻訳しつつ、index.phpの役割をまとめると・・・

index.phpはWordPressのフロントとしての役割をしています。

言うなれば プログラムのエントリーポイントとしての役割をしています。

エントリーポイントですので実際に行っていることは以下の2点のみです。

WordPressのindex.phpの役割

  • WP_USE_THEMES を 定義する
  • wp-blog-header.phpファイルを読み込む

以上になります。